Shadow Desktopを起動する際に困ったときの対処法

こんにちは! アップデータの高橋です。

日々様々なお客様からShadow Desktopに関するお問い合わせを受けていますが、初めてShadow Desktopを利用したユーザーからお問い合わせを受けることがあります。

主に、

起動しようとしたら変なエラーが出た!

という内容が多いです。 

こういうことが発生するととても驚きますよね。

今回はShadowDesktopを初めて起動するときに発生しやすいエラーを紹介します!

初回起動時に起きやすいトラブル:インストールができない!

ご利用中のWindowsアカウントは、デスクトップ・ドキュメント・ピクチャ・ダウンロードフォルダーのいずれかの場所が変更されています。
標準の場所に戻した後に、再度アクティベーションを実行してください。

初回ログインを行おうとした際に上記のようなダイアログが表示されることがあります。

[OK]をクリックすると通常のデスクトップが表示され、ShadowDesktopが起動されていない状態になります。

原因

Shadow Desktopでは

  • デスクトップ
  • ドキュメント
  • ピクチャ
  • ダウンロード

の4カ所がWindows既定の場所(C:\Users\ユーザー名)になっていることが前提となります。

このいずれかの場所がC:\Users\ユーザー名でない場所になってしまっていると今回のようなエラーダイアログが表示されます。

対処方法

対処方法は至極簡単で、デスクトップ、ドキュメント、ピクチャ、ダウンロードの場所をC:\Users\ユーザー名以下に戻すことで改善されます!

  1. エクスプローラーを起動
  2. デスクトップ、ドキュメント、ピクチャ、ダウンロードのいずれかのプロパティを開く
  3. タブの[場所]を選択し、ディレクトリの場所を確認する
  4. ディレクトリの場所がC:\Users\ユーザー名から始まる場所でない場合は[標準に戻す]をクリックする
  5. C:\Users\ユーザー名\ディレクトリ名が表示されるので[適用]をして[OK]をクリックする。
  6. デスクトップ、ドキュメント、ピクチャ、ダウンロードそれぞれのディレクトリの場所がC:\Users\ユーザー名配下になっていることを確認
  7. 再度Shadow Desktopのインストーラーを起動する。

OneDriveを使用している場合、OneDriveの設定の[自動保存]から保存場所を確認できます。

保存する場所が[このPCのみ]以外になっている場所は[このPCのみ]に変更します。

ちなみに、Shadow Desktop製品サイトの動作要件の制限事項にも「デスクトップ、ドキュメント、ピクチャー、ダウンロードが標準の場所である必要があります。」と記載があるので事前に確認してからインストールしてもらうことをお勧めします!

 

終わりに

今回はShadow Desktopを初めてインストールしたときに起きやすいトラブルを紹介しました。今後もトラブルの事例を紹介していきますので是非ご覧ください!

RELATED POST